スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

子供を虫歯にしたくない!?なら歯磨き粉ブリアンで虫歯菌除去

 

虫歯菌の神話は本当?


 

子供が3歳になるまでに大人の虫歯菌をいれなければ、その子は生涯虫歯にはならない。

 

 

この話、お子さんのいる方なら一度は耳にしたことがあると思います。

 

ミュータンス菌がいない口腔内では、虫歯は発生しないという話です。

 

これは、一緒に生活する家族の唾液が感染源と言われています。

 

なかでも感染しやすい要注意時期があり、それは1歳7ヶ月から2歳半くらいまでの頃なのです。

ここをどう乗り越えるかによって、その後のはの健康が左右されるというのです。

 

 

これって本当なのか??

 

たぶん本当です。

 

現在大学生のうちの子は、未だ二人とも虫歯ゼロです。

 

 

赤ちゃんの頃から主人が虫歯にならないようにと、おばあちゃんたちが自分が使ったスプーンや箸で食事を与えることを徹底的に拒否。私も半信半疑ではありましたが、協力しました。自分が虫歯で苦労したので、子供には同じ思いをさせたくないと、主人の強い意志で貫きました。

 

その結果、甘いものもガンガン食べて、ろくに歯磨きをしないようなだらしない子(残念!)でも、虫歯ゼロをキープ。

 

やはり効果があったのかなぁと、虫歯菌の話は本当なのだなぁと思ってます。

 

しかしながら、幼い頃にその選択をせずに、大人の菌を移してしまったら、もうその口腔内は修復不可能。

これって、厳しい話。

3歳までで口内細菌の構成が決まってしまうなんて・・・

 

と思っていたら、ありました!

 

変化させるものが。

 

それはなんと歯磨き粉!!

 

 

以下、どんな歯磨き粉かご説明します。

 

 

ブリス菌を定着させる!?


 

歯磨き粉にあるブリス菌という成分をいれて、口内の環境を改善する、という方法です。

ブリス菌は、虫歯になりずらい人が口内にもっている菌で、いわば口内の善玉菌。

このブリス菌は口内に長く留まることができるので、摂取によって口内細菌の構成に変化を与えることが可能なのです。

 

 

子供用の歯磨き粉で、甘いイチゴ味。

美味しい味なので、お子さんも嫌がらずに磨いてくれます。

 

効能を最大限生かすため、歯磨き粉はパウダー状で提供。

嬉しいのが、ゆすいで吐き出す必要がないので、ごく小さいお子さんでも使えるのです。

フッ素配合のものは、しっかりとすすいで吐き出さないと体内に有害な歯磨き成分が残ってしまいますが、これはその心配無用。

わずかな期間の努力によって、子供の一生の歯の健康に貢献できるのです。

大人も子供も歯医者通いは是非避けたいものです。

 

本当は幼いうちに、大人の虫歯菌を徹底拒絶できればいいのですが、難しいこともあるし、手遅れだったり。

ですが、この画期的なブリス菌の投与が可能になり、小さいうちに口内環境を整えることが可能になったのです。

 

素晴らしい虫歯予防システムの進化に驚くばかり。

 

先ほど述べた、1歳7ヶ月から2歳半くらいの間。この「感染の窓」とも呼ばれる要注意期間は乳歯が生え始める大事な時期。

この期間だけでもなんとか守りたいものですよね。

 

大きくなったら歯磨きチェックなんかさせてくれません。

小さいうちに、しっかりケアして健康な歯を。

 

詳細は公式サイトで↓

 

【ブリアン】

 

手遅れなる前に、是非。

スポンサーサイト

<< 中山式快癒器はロングセラーの名品 | main |

Comment

Post Comment