スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

美容も健康も両方手に入れる!無敵の最強サラダレシピ


今日は美容面からも健康面からも完璧な、スーパーヘルシーサラダのレシピを紹介します。

鶏胸肉とパクチーのサラダ  byクックパッド



こちらのレシピが凄いんです!
どこがすごいかというと、これ。

1)スーパー食材1:鶏胸肉
2)スーパー食材2:パクチー
3)スーパー食材3:くるみ
4)完全ノンオイル

さぁ、詳しく見ていきましょ。




1)鶏胸肉

いわずと知れた優秀食材。しかも安い!いつでも手に入る!
いいですか、怒涛の長所を紹介いきますよ?
<低カロリー・高タンパク> <ビタミンB群や、皮膚や粘膜を健康に保つビタミンAも多く含む>
<B群の中でも特にB6、ナイアシン(B群の一種)を多く含む>
<必須アミノ酸のバランス完璧><吸収率95%><抗酸化作用と老化防止作用のカルシノン含有>
<肝臓の働きを活発にする必須アミノ酸メチオニンも含有>


そして忘れちゃいけない話題の『イミダゾールジペプチド』
鶏むね肉に豊富に含まれるこの成分は、活性酸素を抑える抗酸化作用や、疲労の予防・回復に有効なのです。
現代において疲労回復のあらゆる成分の中の本命といわれています。


2)パクチー

最近注目を浴びているパクチー。キワモノ扱いされがちですが、じつは凄いの栄養の持ち主。デドックスとアンチエイジング老化防止効果最強。女性が群がる理由がわかります。では含有成分行きますよ〜!


<疲労物質である乳酸を分解し疲労を回復するビタミンB1>
<皮膚や粘膜の健康維持を助けるビタミンB2>
<コラーゲンの生成を助けたり、病気に対する抵抗力を強めるビタミンC>
<抗酸化のビタミンと言われ、身体の酸化を防いでくれるビタミンE>
<体内でビタミンAに変化し、強い抗酸化力があるβカロチン>
<ミネラル類は、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、カリウム>
<パクチーの香り成分リナロール、グラニオールは胃腸などの消化器系に作用>
<パクチーの驚くべきキレート作用で、重金属など体内の有害物資を身体の外に排出>
有害物質の重金属とは、水銀、ヒ素、鉛、カドニウムの他、なんと放射性物質まで排出してくれるそう。


もうすごすぎて、降参!今すぐパクチー栽培したくなりますよね!?

さらにトドメをさします。

デトックス効果を高める「ある」食べ方

パクチーには脳や脊髄などの体内に蓄積した水銀やアルミニウム、鉛などを細胞から遊離させる働きがあります。このように有害ミネラルを体外に出してくれるパクチーですが、効果的に有害ミネラルを排出するためには「ある食べ方」をすることが重要です。それは含硫成分と一緒に食べること。

含硫化合物とは?

含硫成分とはタマネギやニンニクといった独特の刺激臭になるアリシンやアリイン、アホエンといった成分。含硫化合物などとも呼ばれます。この含硫成分を含む食品と一緒に摂ることで、パクチーの効果はグンとアップします。


そう、このレシピは玉ねぎも一緒に入っているのです。参りましたか!?
 

3)くるみ

昔から伝わる健康食材。もうこちらも凄いので列挙するのもしんどいですが、公平を期すためいっときますね。

リノール酸の効果<心臓病予防、動脈硬化予防、脳卒中予防、疲労回復>
血液中の悪玉コレストロールを減らす不飽和脂肪酸が、血管の老化を防ぎ、美肌美髪にも効く!


オメガ3脂肪酸<心臓病予防、動脈硬化予防、ダイエット、高血圧予防>
これも血液中の脂質濃度を下げます!

メラトニン<睡眠障害改善>

ポリフェノール<心臓病予防>
くるみ30グラムのポリフェノール含有量はグラス1杯分のワインの倍以上!


豊富なビタミン<美肌、皮膚再生>ビタミンE,エラグ酸など10種類ほどの抗酸化物質がミックスされていて
脳に有益に作用します。アルツハイマーや記憶力低下を引き起こす活性酸素をやっつける抗酸化物質がくるみにはたっぷり!


はぁ、もうきりがないですが、特筆すべきはやはり脳機能への効能でしょうかねぇ。認知機能へのくるみの有効性を謳った記事は山のようにあるので、興味のある方は是非もっと調べてみてくださいね。

4)完全ノンオイル

くるみや鶏肉から得られるわずかな油分の他には一切オイルなし。茹でた胸肉、フレッシュなパクチー、くるみ、玉ねぎも生です。
ドレッシングにはナンプラー、レモン、砂糖と塩こしょう。アクセントには赤とうがらし。それだけです。



まとめると、胸肉で疲労回復、パクチーでデドックス、くるみで脳機能改善、しかもそれぞれにビタミンなど他の栄養素も満載!

 
これだけのスーパー食材を一気に食べられるサラダはそうそうありませんき

ということで、今回は鶏胸肉とパクチーのサラダのご紹介でした。
また素晴らしいレシピを発見し次第ご紹介していきたいと思います。